『助けての手』。


このように、手を真っ直ぐに伸ばしていることを、

b0209471_14554406.jpg




『助けての手』になっているといいます。
※我が家限定ですが。


b0209471_14553123.jpg
















昨日は、ピヨちゃんのお誘いで、ピヨちゃん@お母様と三人で、カフェランチへ。

あらっ!こんなところに、狐が!!
b0209471_14560401.jpg
いえいえ、立派な看板犬ですよ。
b0209471_14562238.jpg
とっても大人しくって、初対面なのに、ワシワシ触っても、全く怒らない。吠えない。
ほんとうに、お利口さんなワンコでした。





ピヨちゃん@お母様に、ご馳走になりました。
b0209471_15102429.jpg
メニュー
美味しく、いただきました♪ ご馳走さまでした。











母にも、会ってきました。
数日間、行ってなかったので、不安になった母が、老人ホームの責任者さんに、
「娘がきてくれないの。もしかしたら、私、捨てられちゃったかもしれない。娘に電話して、聞いてくれる?」って、
シクシク泣いていたらしいです。
電話かけたふりをして、「大丈夫だったですよ。ちゃんと、また、来てくれるって」って話したら、納得したそうですが。
いまのところ、スタッフの方達を困らせたりはせず、聞きわけは、良いようです(笑)
会いにいったときには、団欒室で、「お腹が痛くなるぐらい笑っちゃった」って、
楽しそうに、スタッフの方に相手していただいていました。
老人ホームに入居しているということが、理解できている時と、いない時があるみたいですね。

私を娘だって、認識できていることは、嬉しいことなのかもしれませんが、
それが、ちょっぴり、重荷になったりしてしまう自分がいたり、複雑な心境でした。


by 15tamatebako | 2014-11-21 22:33 | 猫の日常